トップページ >フェアリーインタビュー

最新記事 フェアリーインタビュー

鷹翔 千空

鷹翔 千空さん

2019年05月号
第105期初舞台生のお披露目となる宝塚大劇場宙組公演は、11人の男達がラスベガスを舞台にカジノの金庫破りに挑むハリウッド映画をミュージカル化、2011年星組、13年花組で再演され共に好評を博した『オーシャンズ11』を4月19日から5月27日まで上演。 恵まれたスタイルが舞台映えする鷹翔千空、新人公演では2度目の主演、10人のスペシャリスト集団を率いるダニー・オーシャンを演じる。
天紫 珠李

天紫 珠李さん

2019年04月号
3月15日から4月15日まで上演の宝塚大劇場月組公演は、吉川英治のベストセラー小説をもとに、天下無双を誇る剣豪・宮本武蔵の生き様を、彼を慕い続けるお通との恋を交えて描いた『夢現無双―吉川英治原作「宮本武蔵」より―』と、神秘的でオリエンタルな雰囲気に包まれた国、タイの首都をテーマに描くエキゾチックなレヴュー『クルンテープ 天使の都』の2作品。 男役として培ってきた感性を生かしスケールの大きい娘役をめざす天紫珠李。新人公演で初ヒロイン、武蔵を慕い続けるお通を演じる。
帆純 まひろ

帆純 まひろさん

2019年03月号
3月11日まで上演中の花組宝塚大劇場公演は、18世紀の水上都市ヴェネツィアを舞台に、稀代のプレイボーイ・カサノヴァの、愛と夢に彩られた冒険を綴るスペクタクル・ミュージカル『CASANOVA』。 バトントワリングでエンターテイメントの心を培ってきた帆純まひろ。恵まれたスタイルと甘いマスクで、ファン待望の新人公演主演に初挑戦!
水乃 ゆり

水乃 ゆりさん

2019年02月号
宝塚歌劇105周年となる2019年幕開けの星組宝塚大劇場公演は、菊田一夫氏が宝塚歌劇のために書き下ろした名作の再演『霧深きエルベのほとり』と、スーパー・レビュー『ESTRELLAS~星たち~』の2作品を2月4日まで上演中。 男役に華を添えられるような品のある娘役になりたいと語る第102期生の水乃ゆり、新人公演で初ヒロインに挑戦、令嬢マルギットを演じる。
野々花 ひまり

野々花 ひまりさん

2019年01月号
ガストン・ルルーの小説「オペラ座の怪人」を題材に、美しい楽曲、宝塚歌劇ならではのロマンティックな舞台で、宝塚大劇場を感動の渦で包み込んだ人気ミュージカル『ファントム』が、東京宝塚劇場で2019年1月2日から2月10日まで上演される。 七色に変化できる娘役を目指して力をつけたいと語る、野々花ひまり。歌唱レッスンを重ねて2度目の新人公演ヒロインに挑戦!
綾 凰華

綾 凰華さん

2018年12月号
2018年の掉尾を飾る雪組宝塚大劇場公演は、ガストン・ルルーの小説「オペラ座の怪人」を題材にし、宝塚歌劇では2004年の初演、その後の再演も好評を博した人気ミュージカル『ファントム』を12月14日まで上演中。 包容力を感じさせ、その凛々しい立ち姿が舞台映えする綾凰華、最後の新人公演では全力でファントムを演じ、また新しいステップに向けて第一歩を踏み出す。
夢白 あや

夢白 あやさん

2018年11月号
11月5日まで上演中の宙組宝塚大劇場公演は、陰陽師と妖狐の宿縁を描いた日本物レヴュー『白鷺の城』と、15世紀のイタリア・フィレンツェを舞台に、レオナルド・ダ・ヴィンチと彼を取り巻く人々との愛憎を描いた『異人たちのルネサンス』の2作品。 キラキラの笑顔をみせる第103期生の夢白あや、抜擢を受け新人公演ヒロイン、カテリーナに挑戦!
暁 千星

暁 千星さん

2018年10月号
月組宝塚大劇場公演は、1996年の初演以来、美しい旋律と独創的なストーリーで多くの観客を魅了し10回目の上演となるミュージカル『エリザベート―愛と死の輪舞―』を10月1日まで。 天性の身体能力と華やかさを生かして舞台で輝く暁千星、最後の新人公演では新たに挑む男役で新たな一面を魅せる。
和希 そら

和希 そらさん

2018年09月号
宙組20年の軌跡をその名曲、名場面を中心にショー形式で振り返りながら、フレッシュな若手メンバーが歌い踊り、様々な想いを発する(ハッスル)躍動的なライブパフォーマンス『ハッスル メイツ!』が、8月13日まで宝塚バウホールで上演中。 キレのあるダンスで魅了する和希そら、宙組の魂をお客様に伝えたいと、熱い想いを宙組20周年の舞台で発揮!
舞空 瞳

舞空 瞳さん

2018年08月号
7月13日から8月20日まで公演中の花組宝塚大劇場公演は、江戸時代初期、島原の乱の指導者として語られる天草四郎時貞の姿をドラマティックに描くミュージカル『MESSIAH-異聞・天草四郎-』と、花にまつわる恋人たちの愛と夢とロマンを描くショー『BEAUTIFUL GARDEN-百花繚乱-』の2作品。 102期生として主席入団し抜擢が続く舞空瞳。多彩な役を演じられる、内面も豊かな娘役を目指して、新人公演初ヒロインに挑戦。
宝塚の情報誌ウィズたからづか

ウィズたからづかの最新コンテンツ